イソフラボンの一つ、ダイゼインからエクオールが生成

イソフラボンの一つ、ダイゼインからエクオールが生成

イソフラボンの一つ、ダイゼインからエクオールが生成

イソフラボンと言えば、女性ホルモンの働きを活発にしてくれるもので、大豆製品に多く含まれます。エストロゲンと似たような働きをするので、女性ホルモン活性化に役立つと言われているのです。イソフラボンは更年期障害緩和や骨密度低下を抑えてくれ、骨粗鬆症の発症率を下げてくれるなど健康維持にも関わっています。さらに大豆イソフラボンの一つである「ダイゼイン」からは、腸内で最も強力な効果のある「エクオール」が作られます。今回はこのエクオールの働きに注目してご説明していきましょう。

 

更年期障害に効く

 

エクオールは更年期障害を緩和してくれる働きもあります。女性が更年期障害になってしまうきっかけは「閉経」です。閉経した後は女性ホルモンの分泌がガクンと減ってしまうので、今までなかったような症状が出てきてしまいます。女性が閉経した後は骨粗鬆症に陥りやすいですが、大豆イソフラボンをとり続けていると骨密度低下を抑えられ、その効果はエクオールを体内で作れる人の方が顕著に見られます。

 

生活習慣病を予防してくれる

 

大豆製品を食べた人の中でも、エクオールを腸内で作ることが出来れば、悪玉コレステロールも低下していき、動脈硬化リスクも下がります。これに伴い生活習慣病も予防出来るのです!

 

乳がんリスクを下げる

 

女性特有の病気で多い乳がん。女性ホルモンの一つであるエストロゲンが分泌されるのは良いことですが、過剰に分泌されてしまうと乳がんのリスクが高まってしまいます。エストロゲンは少なすぎてもいけませんが、多すぎてもいけないものです。しかしエクオールが先にエストロゲンとくっついて余分なエストロゲンを抑制してくれます。そして乳がん抑制の効果が期待出来るのです。

copyright 2017 エクオールサプリランキング@更年期におすすめはどれ? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。